楽天API用SDKを導入します

Rakuten-Api

楽天API用SDKの導入

『Rakuten Web Service SDK for PHP は、PHPアプリケーションから 楽天が提供しているAPIに、簡単にアクセスすることができるSDK (Software Development Kit)です。(公式ホームページより引用)』

SDKには、「PHP SDK」と「Ruby SDK」がありました。私は、「さくらのレンタルサーバ」でPHPで作成されたWordpressでブログを運営していますので、SDK(Software Development Kit)は、「PHP SDK」を選択することにしました。

楽天API用SDK(PHP版)の動作要件

楽天API用SDK(PHP版)を使用するためには、PHP5.2.3以上であれば良いようです。

  • PHP5.2.3以上 (PHP5.2.10以上, curl拡張 導入を推奨)
  • PHP5.2.10未満を利用する場合、PEAR の HTTP_Client か curl拡張の導入が必要です。

私の契約した「さくらのレンタルサーバ」にインストールされているPHPのバージョンは「8.1」でしたので、動作要件には適合していました。

楽天API用SDK(PHP版)のダウンロード

GitHubの「rakuten-ws/rws-php-sdk」から「最新版 1.1.0 – zipアーカイブ(rws-php-sdk-1.1.0.zip)」をダウンロードしました。

楽天API用SDK(PHP版)の設置

「最新版 1.1.0 – zipアーカイブ(rws-php-sdk-1.1.0.zip)」を解凍して内容を確認しました。

  • 「最新版 1.1.0 – zipアーカイブ(rws-php-sdk-1.1.0.zip)」の内容
    /rws-php-sdk-master/  

    ┣ autoload.php =>(プログラムで読み込まれるファイル)  
    ┣ CHANGELOG.md =>(変更履歴のログファイル)  
    ┣ composer.json =>(API更新用のファイル?)  
    ┣/lib/  
    ┃ ┗/RakutenRws/ =>(楽天API用SDKのプログラムライブラリ本体)
      ┣ LICENSE =>(ライセンス)
      ┣ README.en.md =>(英語の説明書)
      ┣ README.md =>(日本語の説明書)
      ┗/sample/ =>(サンプルプログラム)
       ┣ bookmark.php =>(ブックマーク用補助プログラム)
       ┣ config.php.sample =>(各種ID設定用) 
       ┣ helper.php =>(ページャー他の補助プログラム)
       ┣ index.php =>(メインプログラム)
       ┗ style.css =>(HTMLで読み込むCSSファイル)

自分用のアプリを実行するために最低限必要なファイルは、『autoload.php』『/lib/RakutenRws/フォルダ以下に格納されている「ライブラリ本体」のファイル群』『/sample/フォルダ以下の「index.php」と「style.css」及び「config.php.sample」を自分のIDに書き換えた「config.php」』があれば良いようです。

私は、Wordpressのルートフォルダの直下に作成した/my-app/フォルダに以下のような構成でSDKをアップロードしました。自分のアプリ用フォルダ(/01/)を作成して「https://(サーバーのURL)/my-app/01/」にアクセスすると、自分のアプリの「index.php」が読み込まれて、自分のアプリが動くようにしました。

  • サーバーにアップロードしたファイルの内容
    /my-app/  
     ┣ autoload.php
     ┣/lib/
     ┃ ┗/RakutenRws/
     ┗/01/
       ┣ config.php
       ┣ helper.php
       ┣ index.php
       ┗ style.css

 

スポンサーリンク
Rakuten-Api
スポンサーリンク
シェアする
ohhappyをフォローする
R10.Oh!Happy.JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました